行事報告

HOME > 行事報告

第638回モーニングセミナー報告【徳島眉山倫理法人会】

投稿日:2018年6月30日

2018年6月21日(木)

 

●場所/徳島グランヴィリオホテル

●講師/(一社)倫理研究所
法人レクチャラー 東 秀憲 氏

●テーマ/人生100年(+)300年先は長いぞ  駅伝人生

●出席者/講師:1名 参加者/15社:16名

 

 

第1519回モーニングセミナー報告【徳島市倫理法人会】

投稿日:2018年6月30日

2018年6月19日(火)

●場所/サンシャイン徳島アネックス

●講師/第一生命保険株式会社 徳島営業支社
営業部長 岩城 哲文 氏

●テーマ/高齢者社会に伴う社会保障制度&心理学

●出席者/講師:1名 参加者/8社:8名

 

 

第263回モーニングセミナー報告【徳島中央倫理法人会】

投稿日:2018年6月30日

2018年6月18日(月)


●場所/阿波観光ホテル

●講師/株式会社 優樹 代表取締役
高知東倫理法人会 専任幹事 下野 政城 氏

●テーマ/凡事徹底

●出席者/講師:1名  参加者/17社:17名 合計18名

 

 

第41回モーニングセミナー報告【徳島東倫理法人会】

投稿日:2018年6月30日

2018年6月15日(金)

●場所/徳島グランヴィリオホテル

●会員スピーチ

●参加者/7社7名

 

 

第836回モーニングセミナー報告【麻植倫理法人会】

投稿日:2018年6月30日

2018年6月13日(水)

 

●場所/セントラルホテル鴨島

●講師/有限会社 宮本建築工房 代表取締役
愛媛県倫理法人会 MS委員長
宮本 篤 氏

●テーマ/半生を振り返り反省!  そしてこれから

 

 

第1518回モーニングセミナー報告【徳島市倫理法人会】

投稿日:2018年6月30日

2018年6月12日(火)

 

●場所/サンシャイン徳島アネックス

●講師/三浦法律事務所
弁護士 三浦 栄一郎 氏

●テーマ/弁護士は見た!ーお金持ちが実践している方法ー

●出席者/講師:1名 参加者/26社:28名

講師:三浦 栄一郎 氏

 

 

第262回モーニングセミナー報告【徳島中央倫理法人会】

投稿日:2018年6月11日

2018年6月11日(月)


●場所/阿波観光ホテル

●講師/(一社)倫理研究所 法人局
中国・四国副方面長 泉 憲治 氏

●テーマ/親ごころ

●出席者/講師:1名  参加者/13社:13名 合計

 

 

第424回モーニングセミナー報告【徳島北倫理法人会】

投稿日:2018年6月15日

2018年6月15日(金)

 

●場所/北島町商工会

●講師/(有)リスクマネージメント21 代表取締役
徳島眉山倫理法人会 専任幹事 石田 浩一 氏

●テーマ/倫理に目覚めて

●出席者/講師:1名 参加者/17社:17名

 

 

第562回モーニングセミナー報告【阿南市倫理法人会】

投稿日:2018年6月15日

2018年6月15日(金)

 

●場所/ホテル石松

●講師/阿南生コンクリート工業(株)代表取締役
阿南市倫理法人会 副会長 横手 晋一郎 氏

●テーマ/コンクリート・最近の話題

●出席者/講師:1名 参加者/9社 10名 合計:11名

講話

生コンクリートの単価 →15,000円/m3 =6.4円/kg
水(ペットボトル)単価→130円/500ml=260円/kg
生コン屋は、水の約1/40の単価のものを生産している。

生コンクリートの需要は1990年には197,997千m3であったが2016年には83,912m3にまで落ち込んでいる。生産工場も少なくなって、協同組合や集約企業として生き残りを図っている。
需要の開拓も耐久性の面からアスファルト舗装からコンクリート舗装へと移行を促進している。
セメントを生産する材料や燃料として、下水汚泥やがれき、ごみ、焼却灰、肉骨粉などの廃棄物の処分に貢献している。年間なんと2800万トン(東京ドーム16杯分)も処分できている。
その他、コンクリートの耐久性の向上の研究や人材育成、品質管理の話まで詳細に教えて頂きました。また、災害時の(特に火災)水の輸送に市と協定を結んでいる。
最後に、土木工学者の吉田徳次郎氏のコンクリートも人も「正直親切」でなければいけないという詩を教えて頂きました。

 

 

第637回モーニングセミナー報告【徳島眉山倫理法人会】

投稿日:2018年6月15日

2018年6月14日(木)

●場所/徳島グランヴィリオホテル

●講師/株式会社 Tサポート
代表取締役 村上 稔 氏

●テーマ/移動スーパーの現場から見る超高齢化社会

●参加者/14社:14名

講師プロフィール

1999年~2011年 徳島市議会議員(無党派)
2012年 ㈱とくし丸を知人と創業
2015年 ㈱Tサポートを創業
2016年 ㈱とくし丸、M&Aで㈱オイシックスに売却
㈱Tサポート代表取締役として、徳島県内27台、香川県内3台の移動スーパーとくし丸を運営している。

講話概要

■買い物難民の人口は824万人もおり、年々増加している。75歳以上の高齢運転者を含めると数年内に1000万人超えの買い物難民予備軍が発生する。そんな中で現在27台のとくし丸が徳島県内20市町村約69万人をカバーしている。
■とくし丸はなぜ黒字が可能なのか
ちょっとした工夫と努力の積み重ね・3者(4者)の協力関係・プラス10円ルール・こまめなお客さん探しを行っている。
■高齢者の生きがいづくり
人とのふれあい、お買い物の楽しみ・地域コミュニティの復活や活性化の場づく り(井戸端会議の場)
■地域の個人商店と共存したい。ルールとして個人商店の「半径300m」には立ち入らない。
■徳島県と「見守り協定」を終結。本当に顔を合わせて見守っている。見守りをするにあたり、事例の共有や対処方法などのグループワークを行い、スキルアップを図っている。
■超高齢化対策~これからのあり方~
行政とソーシャルビジネスがお互いに補完しあって取り組んでいくのがベスト!社会問題とビジネススタイルを掛け合わせてこれからの時代を乗り越えていく
■民間と行政との連携が非常に重要!!

 

 

▲ページの先頭へ▲