行事報告

HOME > 行事報告

第1464回モーニングセミナー報告【徳島市倫理法人会】

投稿日:2017年5月24日

2017年5月23日(火)

●場所/サンシャイン徳島アネックス

●講師/森下ホンダ販売(有) 代表取締役
(一社)倫理研究所 法人レクチャラー 森下 隆正 氏

●テーマ/息子から教えられた倫理経営

●出席者/講師:1名 参加者/9社:12名 合計:13名

講師:森下 隆正 氏

 

講話

*講話トピックス
1.父との関係
2.夫婦仲と社員との関係
3.息子がある日突然・・・
4.倫理指導と実践
5.反始慎終と感謝の経営・・・結果「社員が明るく元気で幸せに」
「お客様の喜びを我が喜びにして、感謝の経営」を目指します。

*とても、参考になるお話でした。2日間誠にお世話になりました。

 

 

 

第372回モーニングセミナー報告【徳島北倫理法人会】

投稿日:2017年5月22日

2017年5月20日(土)

●場所/北島町商工会

●講師/にしうら整骨院 柔道整復師
NSCA-CPT公認パーソナルトレーナー 西浦 祥仁 氏

●テーマ/運命自招

●出席者/講師:2名 参加者/12社:14名 合計:15名

 

 

 

第510回モーニングセミナー報告【阿南市倫理法人会】

投稿日:2017年5月19日

2017年5月19日(金)

●場所/ホテル石松

●講師/阿南工業高等専門学校 名誉教授 湯城 豊勝 氏

●テーマ/人生は幸せ探しの旅

●出席者/講師:1名 参加者/8社:8名 合計:9名

講師:湯城 豊勝 氏

 

講話

人は何によって幸せを感じるか。
生き甲斐(仕事、趣味・・)、夢、何かをつくる、学び続ける、認められる、必要とされる、感謝される・・・
(今まで行ったもの作り。地域と連携した活動。たくさんの地域に根ざした業績も残しておられます。)
倫理観を養う本や実践も若い頃から勉強をなさっています。
現在は『阿南市KITT賞賛推進会議』の会長を務められ推進しています。「KITT(キット)」とは阿南市南東部にある蒲生田(かもだ=K)、伊島(いしま=I)、椿泊(つばきどまり=T)、椿(つばき=T)地域を総称した名で、豊かな自然と貴重な歴史遺産がある。これらの見聞を深め、地域活性につなげることを目指しているそうです。

 

 

第582回モーニングセミナー報【徳島眉山倫理法人会】

投稿日:2017年5月18日

2017年5月18日(木)

●場所/徳島グランヴィリオホテル

●講師/(有)常松建設 代表取締役
(一社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 常松 栄 氏

●テーマ/心の実践

●出席者/講師:1名 参加者/12社:14名 合計:15名

 

 

 

第491回モーニングセミナー報告【鳴門市倫理法人会】

投稿日:2017年5月17日

2017年5月16日(火)

●場所/ホテル アド・イン鳴門

●講師/シャンデール サロン ベルニー 代表
鳴門市倫理法人会 幹事 天羽生 鈴子 氏

●テーマ/倫理は実践あるのみ!

●出席者/講師:1名 参加者/21社:28名 合計:29名

講師:天羽生 鈴子 氏

 

講話

鴨頭セミナーで倫理法人会を知る
MS 黄麗 氏のセミナーで入会
娘のすづさんといっしょにMS参加
朝起きができていない
年間100回墓参を決意
お墓は敷地内にあるので 毎日墓参にする(ルーティーンに組み込む)
倫理指導で ご主人の家の墓参はしているかと聞かれたが墓参りしていなかった
主人の母親にあいさつに行ったら よろこんでくれた
ご先祖の おかげさま
毎日 車の中で ご先祖さまや 身内の人の名を呼んで
感謝の言葉を 述べる

 

 

第1463回モーニングセミナー報告【徳島市倫理法人会】

投稿日:2017年5月16日

2017年5月16日(火)

●場所/サンシャイン徳島アネックス

●テーマ/会員スピーチ

●参加者/8社:8名

 

 

 

 

第371回モーニングセミナー報告【徳島北倫理法人会】

投稿日:2017年5月16日

2017年5月13日(土)

●場所/北島町商工会

●講師/(一社)倫理研究所 普及事業部 次席 首都圏方面 方面長 森本 宏  氏

●テーマ/実践力

●出席者/講師:2名 参加者/15社:18名 合計:20名

講師:森本 宏 氏

講師:井上 敏之 氏

 

 

 

第490回モーニングセミナー報告【鳴門市倫理法人会】

投稿日:2017年5月16日

2017年5月9日(火)

●場所/ホテル アド・イン鳴門

●講師/(株)東京カモガシラランド 代表
東京都練馬区倫理法人会 相談役 鴨頭 嘉人 氏

●テーマ/情熱のモーニングセミナー

●出席者/講師:1名 参加者/35社:45名 合計:46名

講師:鴨頭 嘉人 氏

 

講話

子どもは 親を写す鏡
日々の積み重ね
愛情を育む 愛はありますか
いいね!!  ナイストライ!! と呼びかけてあげる
実践力は 自分がやろうと思ったことで 実際にできたことの割合
こころが喜んでいると いいことを引き寄せる
不幸がふえるということは 今まで気づかなっかたことが わかっただけで
気づきの レベルが上がった
いままで気づかなかった 赤信号に気づくようになる 赤信号理論
明るい心をつくる 自分の心を変える

 

 

第509回モーニングセミナー報告【阿南市倫理法人会】

投稿日:2017年5月12日

2017年5月12日(金)

●場所/ホテル石松

●講師/邪馬壹國研究会 会長 土佐野 治茂 氏

●テーマ/失われていた倭国

●出席者/講師:1名 参加者/11社:12名 合計:13名

講師:土佐野 治茂 氏

 

講話

ドイツのビスマルクの言葉に「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」がある。歴史をひもとく時、頭の中をリセットし一次の資料または1.5次の資料にあたり数字を呼んでいく。
守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。
守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。
破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。
倭国は何処にあったのか・・・九州とも山陰とも紀州ともいわれるが、四国は徳島にその場所はあった。
天皇のふる里は三木山にあった。今も天皇即位の際、践祚大嘗祭に使われる「麁服(あらたえ)」を調進している。
古事記を読み解く中で「倭」の読み方も時代とともに変わってきている。二十四史の中で、如淳・臣瓚・願師古の三学者が「倭」の読み方を解く中で時代とともに変わっている。
福岡の志賀島で出土した「漢委奴國王(かんのわのなのこくおう)」は(かんのいのなのこくおう)と読める。
講話の時間が少ないため、講師も視聴者も満足して頂けなかったも知れません。今後、時間が取れれば続編を講話していただきたいと思います。

 

 

第581回モーニングセミナー報告【徳島眉山倫理法人会】

投稿日:2017年5月11日

2017年5月11日(木)

●場所/徳島グランヴィリオホテル

●講師/徳島保護観察所 統括保護観察官 東山 和憲 氏

●テーマ/保護観察について

●出席者/講師:1名 参加者/15社:15名 合計:16名

 

 

 

▲ページの先頭へ▲